23卒社員のリアルに迫る!私が働く現場とは【情シスSAMURAI】

この記事のタイトルとURLをコピーする
23卒社員のリアルに迫る!私が働く現場とは【情シスSAMURAI】

こんにちは!23卒社員の谷口奈央です。

今回インタビューに協力していただいたメンバーは菅江さんです!

菅江さんは情シスビジネス事業部に所属しています。

インタビューに入る前に情シスビジネス事業部について簡単に説明します。

「情シスSAMURAI」という情シスのプロとして顧客のIT業務のお悩み解決をしている部門です。

それでは、新卒1年目ー菅江さんのインタビューに入っていこうと思います。

菅江さんよろしくお願いします!

仕事内容

Q1.仕事内容について教えてください。

A.大まかにいうと、「情シスの課題解決」をする仕事をしています。会社のIT担当者(情シス部門)が持っているお悩みを一緒に解決したり、ITコンサルのようにアドバイスをしたりしながら、業務効率化・業務改善をサポートしています。

Q2.具体的にはどのような仕事をしていますか?

A.人によって様々ですが、私は最近、PCのキッティング作業の手伝いやその手順のまとめ、AD(アクティブディレクトリ)をAWSに移行する作業の手伝いや手順書の作成などを行っています。

Q3.仕事はどのように行っていますか?

A.SAMURAI xF1T(サムライクロスフィット)というチームで複数のお客様の案件を受けます。

知識や経験が誰か一人に偏らないように全員で同じ問題を解決します。

苦労したこと

Q1.苦労したことは何ですか?

A.構築作業中にエラーが解消されないこと。

Q2.構築作業について詳しく教えてください

A.プリザンターというツールがあるのですが、そのツールを使うためにAWS上でサーバーを立てたり、アプリを動かすために必要な物を入れて構築していくというものでした。

Q3.エラーとは具体的にどんなことでしたか?

A.公式の情報の手順通りに進めてもうまく行かず、何回もやり直さないといけない状態でした。

あまり情報が出ているものでもないので、とにかく一つ一つ作業を振り返ってやり直してを繰り返し、やっと使えるようになりました。

やりがい

Q.やりがいを感じた瞬間はありますか?

A.お客様やチームのメンバーから感謝されたり、喜ばれたりしたときです。

お客様との距離感が近いのでヘルプデスク対応をしたときに感謝を直接伝えてもらえること、困っていることが解決した時に頑張ってよかったなと達成感を得ます。

1年後の目標

Q1.1年後の目標について教えてください。

A.1人で案件を担当できるようになることです。

Q2.1人で案件をできるようになる為に今取り組んでいることは何ですか?

A.案件や仕事を任せてもらえるように人を頼りすぎないようにしています。

わからないことがあれば、質問したり、先輩を頼ることは大事だと思います。

仕事は基本チームで動いているので、やってもらいたいと思えば、やってもらえてしまいます。

それでは、自分の成長にはつながらないし、人を頼りすぎてしまいます。

なので、苦手だと思うことにも積極的に取り組む、食わず嫌いをせずに何事も挑戦することが、大事だと思います。

同じ部署で2年目にも関わらず1人で案件を任せてもらっている先輩がいるのでその先輩のように仕事ができるようになりたいです。

マインド

Q1.仕事をするときに大事にしているマインドはありますか?

A.人の役に立つことです。

Q2.どんな風に人の役に立ちたいと思いますか?

A.困っていることを解決できる、効率的に仕事ができるようになることです。

ヘルプデスク対応という仕事は困りごとや人手不足になっている部分の解決や手助けをしていく仕事なのでお客様の問題解決をして喜んでもらいたいです。

最後に

菅江さんインタビューご協力ありがとうございます!

情シスSAMURAIについては、会社のHPにも詳細が記載されています。

もっと知りたいと思っていただけたらHPの方もチェックして頂けると幸いです。

情シスのお悩み解決 クロス・ヘッドの情シスサービス (crosshead.co.jp)

新卒インタビューまだまだ続くので次回もお楽しみにっ!

この記事のタイトルとURLをコピーする
採用情報