FRESH - INTERVIEW #S.OGAWA

この記事のタイトルとURLをコピーする
FRESH - INTERVIEW #S.OGAWA
PROFILE
S.OGAWA(2017年)情報基盤サービス統括部 クラウド基盤サービス部
2019年3月まで情報基盤サービス部で主にネットワーク・サーバーの構築業務を担当。同年4月よりクラウド基盤サービス部配属、主にクラウドの構築業務を担当し現在に至る。

IT技術が心から好きな人が集まったプロフェッショナル集団の一員として。

img_interview02
今は多くのクラウドサービスが普及していますが、その中でも私は主にAWSの構築業務を担当しています。ネットワークやサーバーをAWS上で構築・試験し、お客様に納品するというのが主な業務の内容です。
入社1年目と2年目はオンプレミスのネットワーク機器やサーバーの設定変更・構築業務に携わっていたのですが、3年目からはクラウドの部署に配属され、クラウドの構築に携わることになりました。最初はクラウドと聞くと実際の動きがイメージしづらく、とっつきにくいようなイメージを持っていたのですが、今の部署に配属されてからはクラウドの便利さと手軽さに驚くことがとても多いです。同時にクラウドは奥が深く、プロフェッショナルになるには多くの学習と経験が不可欠であると感じています。そんなクラウドを使いこなすプロフェッショナルになれるよう、先輩の助けを得ながら案件に携わっています。

今携わっている仕事とそのやりがい

最近ではオンプレミスにあるサーバーやデータをクラウドに移行する業務に多く携わっています。お客様の現在の環境に影響を与える可能性がある責任の大きな仕事ですが、それだけにやりがいも感じています。
また、現在携わっているクラウドへの移行は業界でもニーズが高い、ホットな技術だと考えています。このように、「業務に必要だから学習する」というのではなく「自分が技術者として成長するために学習する」ということは私の大きなやりがいであり、モチベーションにも繋がっています。
ただ、単に技術においてもまだまだ知らないことが多く、加えてSEとしても要件定義や設計などもっと上流の工程を担当できるようになる必要があり、自分にそういった伸びしろがたくさんあることにワクワクしています。
エンジニアはやればやるほど自分のできることが増えていくのを実感できるので、とても楽しく、やりがいに感じています。

入社の動機と入社してからの印象を教えてください。

img_interview03
一番大きな動機は、当時就職活動を進めていた企業の中で、最もITに関する技術を詳しく学ぶことができそうだと感じたからです。私は文系学部出身のため、IT業界を志望することに大きな不安を抱えていました。クロス・ヘッドは私のように未経験で入社した人間にも、IT技術の基礎研修や配属後のフォローアップもしっかりしてくれるので、その点が大きな魅力です。
他にも面接の際に関わった皆さんが親身になって話を聞いてくれたり、更に面接とは直接関係のない(人事部以外の)社内の方から挨拶をしてもらったりと、クロス・ヘッドで働く方々の優しさを感じ、この会社で自分でもやっていくことができそうだと思うことができました。
入社、配属となってからも研修や勉強会などが多くあり、また周りの皆さんもとても良くしてくれています。

会社や仲間の雰囲気

私が入社してから関わってきた皆さんは優しく、真面目な印象です。そして、クロス・ヘッドにはIT技術を心から好きな方々が集まっています。社内では勉強会が開かれたり、社内SNSでIT技術に関することを綴っている方が多くいます。退社後や休日にもIT技術の検証やITに関連した趣味をしていたり、社外の勉強会に出たりしている方が多いです。このように勉強が趣味のように活動の一環として技術を磨いている人は実際に現場に出た時に一番活躍されているのだと感じています。
また、お酒を飲むことが好きな方が多いので、様々なコミュニティを作ってお酒を飲みに行ったりしています。
社内では「Friday Lounde」が開催され、社外の方も含めて会社に集まり、お酒を飲んだりお寿司を食べたりしていますよ。

今後、どんなことに挑戦していきたいか教えてください。

img_schedule
一口にクラウドといってもAzureやGCP等たくさんの環境があります。今の私はクラウドというよりAWSの人という感じなので、これからは他のクラウド技術についても学習していきたいと考えています。また、昨今におけるクラウドの構築はコードによる自動化が進んできています。
自分が今やっている業務を楽にするためにもコードの書き方を習得していって生産性の向上につなげていきたいと考えています。コードを書けるということは、インフラ技術者にとって必須な技術になりつつあります。業務が忙しいと今必要な技術を勉強することで精いっぱいになってしまいますが、「今業界で必要とされている技術は何か」という目線を忘れずに情報収集、学習をしていきたいです。

1 DAY SCHEDULE

9:00 出社

メール確認やその日のタスク整理。

9:15 就業開始

優先順位の高い業務から対応。朝のメール確認で急ぎ対応しなければならないことが起こればここで対応。

10:00 検証

AWS環境構築やお客様環境での作業等。頭がすっきりしている午前中は優先度や緊急度の高い作業をすることが多い。

12:30 お昼休憩

コンビニと外食が半々くらい。

13:30 AWS環境構築や資料整理など

午前中の続きで構築を行ったり、お客様に納品する必要のある資料などを作成。

17:00 報告会

同じプロジェクトに携わる人たちに案件の進捗を報告。

17:30 直帰

案件進捗に問題がなければ退社準備をして帰路。 *業務時間 9:15 〜 17:45

この記事のタイトルとURLをコピーする
採用情報